専門家に任せれば安心!蜂退治は専門の業者へ依頼しよう
作業員

ベランダをフン害から守る

鳩のフン害が増えています。細菌が含まれており、乾くと風に飛ばされてアレルギーの原因にもなります。鳥獣保護法で守られているので勝手に捕獲できませんが、ベランダなどに寄りつかせない対策を取る必要があります。多くの人は物理的に侵入できないようにネットやテグスを張ります。最初の一羽を追い払うことが大事です。

専門家が適切な対応

家

住居近辺に蜂の姿を見かけることが多くなった場合、周辺に巣を作っているかもしれない、と危機管理を行うことで、いち早く危険を察知することができます。そして、その巣の存在を特定し、それがまだ非常に小さい場合には、蜂がいないことを見計らい、駆除してしまうことも可能です。しかしながら、その時期が夏を過ぎていた場合には、同様の方法で蜂退治をしようとすると、大きなリスクを負うことになります。夏以降の蜂は凶暴になってくることに加え、働き蜂の数が圧倒的に増えているため、簡単に退治できるものではなくなっているのです。こうなった時には、状況毎に適切な判断を行い、最も効果的な方法で退治する専門業者に相談することです。

蜂の中でも、スズメバチ類のような大型のハチは、毒針を駆使して、近づくものを追い払う特性があります。特に、これまでの歴史の中で、クマのような大型の動物から身を守るために、黒っぽい見た目で近づくと、特に襲われやすくなります。そのため、生活圏に蜂の巣を見つけた後は、近辺を通過するときには、できる限り白っぽい服装をしておくことが無難です。しかし、この方法は、リスク軽減にはなるものの、根本対策ではないことから、少し間違えば、蜂の攻撃対象となる可能性があります。危険の根源である、蜂の巣を退治することこそが真の対策といえることから、退治経験の豊かな、蜂駆除専門業者に依頼して、巣を除去しておくことが必要になります。

予防にも効果的

ネズミ駆除の方法として、スプレータイプの忌避剤を使うという手もおすすめです。忌避剤は駆除するだけでなく、ネズミの侵入を防ぐという効果も期待出来ます。体に優しい成分で作られているので、スプレータイプの忌避剤は安全性の高いものとなっています。

途切れることがない被害

日本はシロアリが生息しやすい環境であるため、家を建てる時に防蟻対策をしている住宅が多くあります。ですが、古くからある家では、対策がされていないためシロアリの被害にあっています。被害が拡大しないうちに業者に駆除依頼しましょう。