一軒家

ベランダをフン害から守る

ハト

物理的に駆除する方法

都市部で最も被害が多いのが鳩のフン害です。都市部には餌になるゴミがたくさんあるので鳩が群れをなしています。鳩のフンには色々な細菌が含まれており、乾いて風に飛ばされるとそれがアレルギーの原因になったりします。しかし鳩は鳥獣保護法によって勝手に捕まえることはできないのです。そこで色々な防止対策が行われています。個人的な被害で多いのはマンションのベランダです。一番多い対策が物理的に鳩がベランダに侵入しないようにすることです。例えばネットでベランダを囲ったり、テグスを張ったり、猫よけマットを置いたりします。このような対策を施せば鳩はベランダに入ることができないので、確実に防御できます。その代わり外観が目立ちます。根本的な対策はベランダに物を置かないで、常にきれいにしておくことです。

最初の一羽に恐怖を教える

鳩がベランダにやってくるのは、そこが安全な場所だと知っているからです。そしてそれを仲間に教えるので、次々とやってきて住み着いてしまうのです。大事なことは最初に見つけたら、危険な場所だと教え込むことです。一羽だからといって見逃すと、次第に数が増えてきて被害を受けてしまいます。鳩は1度安全な場所だと思い込むと何度もやってきて、最終的には巣作りをします。巣を作ってしまうとそこで卵を産んで子育てを始めてしまうので、手に負えなくなります。そうなる前に巣を取り除く必要があります。ベランダに小さな木の枝が落ちていたら、それは鳩が巣作りのために運んできたのです。すぐに物陰などをチェックして、作りかけの巣があったら除去します。先手を打って対策することが有効です。